お問合せ・資料請求
2021年秋の無料体験授業と入会キャンペーンのお知らせ

幼児教育は家庭でもできる?
メリットや方法について説明

幼児教育とは、未就園児や未就学児を対象に行うしつけや学習の総称です。幼児教育が受けられる場には、幼稚園・幼児教室・家庭などがあります。

子どもの幼児教育をどうするべきか悩んでいる人は、まずは幼児教育について知識を深めることが大切です。

今回は、幼児教育を行う必要性と家でできる具体的な方法について解説します。

幼児教育の必要性とは?

幼児教育は、子どもの「好奇心」や「探求心」など内面を刺激し働きかけることで、長所や可能性を伸ばす教育です。

幼児教育には子どもが生きていく上で必要となる基礎を身につけるという大きな目的があります。

幼児教育を行うメリット

幼児教育では、知能や体力など子どもが持つ力を伸ばすことができます。また、内面的な変化や成長も期待できるでしょう。

幼児教育を行うメリットは、大きく分けて5つあります。

 

・記憶力が発達する

幼児期の子どもの脳は言葉や数字など学んだことをスポンジのように吸収します。脳が発達する幼児期に幼児教育を行うことで、記憶力や知能指数を効率良く伸ばすことが可能です。

知能指数は、年齢を重ねるごとに伸びにくくなるため幼児期に伸ばしておくとその後の成長にもつながります。

 

・想像力が豊かになる

想像力は人間が生きていく上で重要な力です。想像力を豊かにすることは、相手の気持ちを考えて行動したり物事をスムーズに進めたりするためにも役立ちます。 絵本の読み聞かせやおままごとなど、想像力を働かせる遊びが効果的です。

 

・基礎体力がつく

リトミックや体操教室など運動系の幼児教育を行うことで、健康維持に必要な基礎体力が身につきます。また、心肺機能の発達・健康維持・精神面の充実・病気やケガの予防など、基礎体力が向上することで得られるメリットは多いでしょう。

 

・興味・好奇心が育まれる

幼児期にさまざまな物事に触れる機会を持つことで、より「興味」「好奇心」を持つようになります。幼児教育における新しい発見や出会いは、子どもにとって大切な経験です。

物事に興味や関心を持ちやすい幼児期は、特にたくさんの経験をさせてあげましょう。

 

・集中力が高まる

幼児期は集中力が長続きしないことが特徴です。しかし友だちとの遊びや習い事など、夢中になれる時間を作ることで集中力を高め精神力を養うことができます。 集中するきっかけとして習い事や家庭での読み聞かせの時間を作ることもおすすめです。

幼児教育の方法は?

子どもに幼児教育を行うには、幼児教室へ通わせる方法があります。幼児教室は、子どもの「考える力」「興味」「好奇心」を刺激するカリキュラムを中心に授業を行うスタイルです。幼稚園受験、小学校受験を意識した個別指導を受けられる教室もあります。

また、幼児教育は幼児教室に通わずに家庭で取り入れることも可能です。家庭における幼児教育は、時間や曜日に関係なくいつでも行うことができます。子どもと一緒に過ごす時間を確保しつつ必要な教育が行えるため、忙しい方でも負担が少ない方法です。

家庭でできる幼児教育

家庭でできる幼児教育には、以下のような内容があります。

  • 言葉かけ
  • 読み聞かせ
  • 積み木
  • 数字や文字の読み書き
  • パズル
  • ドリル

子どもが楽しみながら学べるように、年齢や理解力に合った方法で進めていくことが大切です。

子どもの年齢別におすすめの幼児教育を紹介します。

0〜1歳

0〜1歳は脳と身体の成長が大きい時期です。スキンシップと一緒に「言葉かけ」をすることで、言葉の発達やコミュニケーション能力の向上につながります。

見る・触る・聞くなど五感を刺激するために、モビールを飾ったり触り心地が異なるおもちゃを触らせたりすることもおすすめです。

1歳からは、イラストに対する反応が良くなるため、絵本の読み聞かせや「絵カード遊び」を幼児教育に取り入れるのも良いでしょう。

2〜3歳

自我が芽生える2〜3歳は脳と身体だけでなく心も大きく成長します。この時期は脳を刺激したり達成感を経験したりできる幼児教育が効果的です。

「ブロック」「シール貼り」「親子でクッキー作り」など指先を使った遊びを取り入れましょう。

3歳からは、先を見通す力や想像力がついてきます。「パズル」「積木」「ごっこ遊び」などを使った教育もおすすめです。

4〜6歳

4〜6歳は、身体能力・指先の器用さ・コミュニケーション能力・言語の発達などさまざまな能力が高まります。考える力を伸ばすために「折り紙」「しりとり」「すごろくのようなサイコロ遊び」を取り入れるのも良いでしょう。

子どもが「どうして」「なぜ」という疑問を持ったときには一緒に調べたり考えたりすることで知的発達が促されます。

まとめ

家庭でも幼児教育を取り入れられますが、家族以外との関わりが少なくなりやすい傾向にあります。他の子どもや大人と接することも良い刺激となることから、幼児教室に通うことを検討してみても良いでしょう。

幼児教育の教室選びに迷ったら、年齢ごとにさまざまなコースが用意されている幼児教室を選ぶことがポイントです。

東京英才学院の英才コースでは子どもの年齢や個性に合ったカリキュラムを組んで授業を行っています。希望すれば1年間のIQ伸び数をデータでチェックすることも可能です。

子どもが楽しみながら続けられる幼児教育の方法を見つけて、学習の基礎を作り豊かな人間性を育みましょう。

東京英才吉祥寺問い合わせ

幼児教室に関連する記事

東京英才学院の幼児教室で使用している教材をご紹介

「IQが伸びる英才コース」で使用している知能教育用の教材(考えるおもちゃ)と「小学校受験コース」で使用している小学校受験用の教材の2種類あります。それらについてご紹介します。

2021.09.10

幼児教室の母子分離の効果とは?

母子分離は、子どもの成長過程において重要な経験です。とはいえ「母子分離ってどんな効果があるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 この記事では母子分離の効果をはじめ、幼児教室で行う母子分離の方法なども解説します。

2021.09.7

幼児教育で大切なことは?種類や注意点も併せてご紹介

幼児教育と一口に言ってもさまざまな教育方法や注意点などがあるため、それらを押さえておく必要があるのです。今回は幼児教育を行う上で大切なことについてご紹介します。

2021.06.04

幼児教室にはどんな効果がある?効果があるのにないと言われる理由も説明します

子どもを幼児教室に通わせて、英才教育をほどこせばよい人生が送れるのでしょうか。この記事では、幼児教室にどんな効果があるのか説明しますので、ぜひご一読ください。

2021.05.11

幼児教室に通うときの服装は?子どもと親の服装について解説

幼児教室に入会するにあたり保護者が気になることの一つが、通うときの親子の服装ではないでしょうか。この記事では幼児教室に通うときの子どもと親の服装選びのポイントについて解説します。

2021.04.19

小学校受験に向けた幼児教室で行うことや選び方についてご紹介

「幼児教室は何を基準に選べば良いのか」 。今回は、小学校受験を検討している保護者に向けて、幼児教室で行うことや、教室の選び方などについてご紹介します。

2021.03.01

幼児教室とは?通わせるメリットや教室の選び方を解説

この記事では幼児教室のメリット・デメリットや幼児教室に通わせる上で必要になる費用まで詳しく解説します。あわせて幼児教室の選び方についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2021.01.18


このページのトップへ
〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町1丁目1-1 桜井ビル2F(吉祥寺駅から徒歩6分) tel:0422-21-4158(よいこは) fax:0422-21-0684
プライバシーポリシーサイト利用規約サイトマップ
copyright(C)Tokyo Eisai Gakuin .Ltd All rights reserved.